機密書類処分は安全にコンプリートする|ネットワークもセーフティ

システム

イメージが向上

ISOの概要について

システム

ISOとはInternational Organization for Standardizationの略で、国際標準化機構を略されます。ISOには様々な種類があります。代表的なのは品質の規格であるISO9001、環境の規格である14001、情報セキュリティの規格である27001などです。認証取得する為には、ISOの定めた要求事項を満たすマネジメントマニュアルを作成し、審査に合格しないといけません。計画を策定し(=Plan)、実行する(=Do)、チェックし(=Check)、チェックして良くなかった点を改善する(=Action)、この作業を行うことが重要です。この一連の流れな頭文字を取りPDCAサイクルと呼ばれています。こういったネットワークセキュリティやその品質、機密書類の正しい処分をしているということをアピールするためには問題に確実に気づく必要があるのでサイクルを利用して対策を徹底する必要があります。

取得するメリットとは

ISOを取得するメリットとして、まず1番に挙げられるのは、企業イメージの向上です。例えばISO27001を取得した企業であれば、情報セキュリティーマネージメントシステムが確立していることが証明されます。ここの会社は情報管理が適切に行われているのだなということが一目でわかるので、企業のアピールポイントとなります。次に挙げられるのは、企業間での入札や新規取引の選択肢が広がるということです。ISO取得を取引や入札の条件にする企業はたくさんあります。ISOを取得することができれば、新たな仕事や取引につながります。このようにISOを取得すれば新しいビジネスチャンスを開拓することができるのことが大きなメリットなのではないでしょうか。

高品質を約束

IT

ネットワークセキュリティの品質を約束しているということは、外目ではなかなか分からないものです。ISOを取得すればそれが実現することになるので、多くの企業が注目しています。

詳しくはこちら

コンサルタントに依頼する

システム

企業が独自でISO取得をすることは中々難しいので、コンサルタントを利用することになります。数十万円程度かかることになりますが、細やかな事をサポートしてくれるので助かります。

詳しくはこちら

ビジネスシーンで重要

PC

今後、企業が生き残っていくためにはビジネスシーンでしっかりと信頼性をアピールしなければなりません。マネジメントシステムがしっかりと向上することによって連動して良くなるので、ISO取得でその信頼性がアピールできます。

詳しくはこちら